強迫性障害 依存

明日くらいは、生きてみようかな。

よんよんといいます。強迫性障害歴9年、過干渉。日々のことや思ったことを、のんびり書いていきます。強迫性障害、放っておくとこうなります。明日くらいは、生きてみようをモットーに。

家を出る時の対策!

 

 

 

こんにちは、よんよんです。本日はタイトルの通り、家を出る時の対策について!

 

 

基本的に10年前から毎日強迫の症状が出てるんですが、家を出るときの準備にめちゃくちゃ時間がかかることに対して、最近対策ができるようになりました!

その対策とはただただ時間に余裕を持つってだけなんですけどね。あとは、自分をできるだけ安心させてあげること。

単純ですが、これが意外と効果的なんです笑

 

一つ目について、焦るのが嫌いなんですが、それが比較的軽減されます。あとそのおかげで心に余裕が持てるので、頑張ればまぁいっかと思えたりします。

二つ目について、これは本当に気持ちの問題って感じなんですが、自分で自分に、「大丈夫、大丈夫、できるよ〜。誰も怒ったりしないよ〜。」って言い聞かせるんです。一見馬鹿らしく思えるんですが、思い込みっていうのは大事なもんで、一回できるとそれが次への自信になったりもするんです。

でもこれを実行するにあたって、周りの人の目がほとんどないというのは大きかったです。周りに見られているとやっぱり焦ってしまうので。

 

なかなか難しいですが。

自分でも症状が軽い方なんだろうなとは思います。ネットでも一日中症状のせいで時間を取られてしまうという方の話を見たりするので、、、

まぁ根治には程遠いですが笑

 

 

 

本日はここまで!

ありがとうございました!

前の続き。

 

10年も、生きたんだよ。

自分を愛した人が、いなくなってから。

頑張れなんて誰も言えませんよ。一度でも、同じところにいた人なら。こんなブログを書いてるくせに、もう一度あの月日を超えろと言われれば、できるとは思えないから。

私が頑張れというのは、私には助けられないからです。

僕には、逃げ出す手段を考えることと、耐え忍ぶ方法を享受することしかできない。

話くらいなら聞きますが。

思ってたこと。

元気でいますか。

世界は不平等ですか。

母はあなたを愛してくれませんでしたか。

その事実をまだ受け入れていませんか。

家族と呼ばなくなったのはいつからですか。

それは、自分を守るためだと知っていましたか。

 

幸せでしたか。あなたに、愛の記憶はありますか。

祖父の心は生きていますか。

いつか誰かを愛せますか。

 

信じることを知っていますか。

信じられることを知っていますか。

縛ることと心配することの違いを知っていますか。

 

安心できる場所がありますか。

心穏やかに眠れますか。

目覚めるたびに胸に残る寂しさを、沈める方法を知っていますか。

 

毎日自分の行動を戒める必要がないのを知っていますか。

悪い子でも、どんなに悪い子でも、愛を知る権利があることを知っていますか。

 

誰でもいいから、からは抜け出しましたか。

他人の心を思えますか。

苦しみから、抜け出す手はずは付いていますか。

腕の傷を思い出す日は減りましたか。

自分を苦しめることに意味がないと、気付きましたか。

 

無理に周りに合わせる必要がないことを知っていますか。

無理に笑顔を保たないといけない理由などないと、理解しましたか。

 

他人に求めることから抜け出しましたか。

逃げてもいいと知っていますか。

どんな場所からも、全力をかければ、逃げ出せることを知っていますか。

 

未来に果てしない希望があることを知っていますか。

それを知っても、越えられない夜があることに気付いていますか。

未来にたどり着くことが、どれほどの苦痛の上に成り立つか、知っていますか。

そんなことをするくらいなら、諦めた方がマシだと言った人の声が、頭から離れませんか。

 

二十歳になった日、なんで泣いたかわかりましたか。

 

 

 

 

人生リセットボタン

 

 

もしも、人生リセットボタンがあったら、あなたは押しますか?

お久しぶりです。

 

楽しかったことも辛かったこと、やり直したいこと、ありますよね。色んな後悔してることをやり直せたら、とずっと思っていた時期もありました。大切な人を傷つけてしまったこと、大切な人の最期の時に立ち会えなかったこととか。

 

今はもうやり直したいとは思わないけど。時が流れちゃうと、強かった思いも和らいでしまいますね。

 

 

 

ありがとうございました。

ではまた!

 

 

 

 

 

幸せだと思うこととただの絶望

 

 

今回は、幸せなことと絶望について。

 

 

こんにちは、よんよんです。普段周りの人と話していて、たまに一番幸せな時間って何?って話題にらことがありまして。

なんだろう?🤔って日常的にその質問をたまに頭に浮かべながら過ごしていたら、幸せだって思うことが今日あったので書いておきます。

 

友達の家に泊まった帰り道、もうすぐ春だな〜って風を感じて、ぼーっと歩いていたら、なんか今めっちゃ幸せだなって気付いて。

友達と思う存分遊んで、昼夜逆転して、バカだなって自分でも思うんですが、そこには高校時代までになかった果てしない自由があって。昼前に起きて、横には人がいて、みんな大好きで、またおいでがあって、帰り道なんだかあったかい気持ちになって。もうなんだかとんでもなく幸せな気持ちになりました。家帰ってベランダからあったかい日差しが注ぐ部屋でゴロゴロしながら漫画でも読もう!ってその自由ももうほんとに幸せでたまらなくなりました。。。たぶんこういうのが私の中で今のところ一番の幸せ笑

 

で、こんだけ幸せについて語っておいて絶望についてなんですが、、、

日常にこんなに幸せって思うことがあるのに、いつも絶望がついて回るんですよね、なんなんでしょうかね、、

 

朝起きた時に1人だとどうにもならない虚無感みたいなのに襲われるんですよね。まだ予定があって急がなきゃいけないとかだとそんなに考えなくていいんですけど、予定がない日とかだとそれと向き合わなきゃいけなくなってちゃって、これが結構辛いんですよね。何のためにこれから生きていくんだろう。何のために頑張るんだろう。愛すことも愛されることも知らないガキが他人を幸せにできるわけがないし。どんなに自由になって幸せだって思ってもどうにもならないこんな気持ちとずっと一緒に生きていかなきゃいけないのか、、、

 

 今回はこんな感じで。幸せと絶望と一緒に生きています。ありがとうございました。

被害者意識

 

 

「なんでこんなこと自分だけ受けないといけないの?」って思うことありませんか?

私もよくありました。特に、自分がとても辛かった時に。

 少なくともみんな辛い体験くらいしてるのにね。

でも、「みんな辛いんだから。」と言って、我慢するのは違いますよ。

辛いことに変わりはないし、それを他人と比べる必要なんてどこにもない。

 

 

ではまた。

 

新しい恋と課題2

 

 

今回は、前回の続き、恋愛に対する課題についてです。

 

私が今恋愛において困っていることは、どうやっても満たされず小さなことで恐ろしく不安になること、です。

とは言ってもこれでは具体的に言わないとわからないですね笑

 

では、具体的な話を上げていきます。この前、気になる人と電話していたんですが色々とよぎることがありました。

まず、元彼の時のことを無意識に思い出してしまうことで自分で依存しやすい環境を生み出しているというとこです。もしかしたら家の人に愛されたかったことが関係しているのかもしれませんが。

 

続きは次回に!ありがとうございました。